糖尿病は自分には関係ないとか思ってませんか?いまや日本人の糖尿病患者は増えています。原因を知っておけば意識的に予防することもできますよね。検査方法や治療法についても紹介します。生活習慣も乱れ、高血圧気味のあなたこそ知っておくべき情報です。

糖尿病の75gOGTT検査とは

75GOCT検査について説明するナース

糖尿病の中には、空腹時の血糖値は基準値内なのに、食後に急激に血糖値が上がる食後高血糖タイプの人がいます。
このような食後高血糖は、空腹時に採血をしただけではキャッチできません。
そこで、このような食後高血糖を拾い上げるための検査が75gOGTTです。

75gOGTTは75g経口ブドウ糖負荷試験と言って、75gのブドウ糖を含んだ飲み物を飲むことで、食事をした時の糖分の流れを再現して、耐糖能を調べて食後高血糖を捉える検査です。

耐糖能と言うのは、食事によって上昇した血糖値を正常に戻す代謝能力のことを言います。
日本人の2型糖尿病の場合、初期に食後の糖の代謝能力の障害により食後の高血糖を来すケースが多いのです。

病院によって多少検査のやり方は異なりますが、通常は前日の夜の9時以後は絶食にします。
そして翌朝病院に到着したら、すぐに採血を行います。その後75gのブドウ糖を含んだ飲み物を飲む流れになります。
甘い飲み物を飲んだ後、60分後と120分後に採血を行って血糖値を調べます。病院によっては90分後にも採血を行う場合もあります。

75gOGTT検査(75g経口ブドウ糖負荷試験)が強く推奨されるのは、次のような人です。
糖尿病の疑いが否定できない人で、空腹時の血糖値が110~125?/dLの人、随時採血した時の血糖値が140~199mg/dLの人、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が5.6~5.9%の人です。

また、75gOGTT検査を行うことが望ましい人は、現在は糖尿病でなくても将来は発症するリスクが高いグループに属する人です。
空腹の時の血糖値が100~109mg/dLの人、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が5.6~9.9%の人、家族に糖尿病の人がいたり肥満が高度な人などが挙げられています。

現在糖尿病は、血糖値が空腹時で126mg/dL以上か75gOGTTで200mg/dL以上か随時採血で200mg/dLのいずれか、そしてHbA1cが6.5mg/dL以上の場合とされています。

糖尿病って完治できる?

糖尿病は一生治らないと言われますが、治らなくても血糖値やHbA1cを正常値にすることは可能で、ずっとこれらの数値を正常値にし続けることも可能です。
これはもう、治ったと言っても良いでしょう。

しかし治ったと思って、せっかく改善した食習慣や運動をまた元に戻してしまうと、たちまちにして血糖値が高くなったりHbA1cの数値が高くなるケースも多いです。
このように聞くと、「やはり治らないんだ」と思うかもしれませんが、少し違った方向から見れば治ったと同然なのです。

糖尿病になったら食事療法を行うように指導を受けます。
食事療法と聞くと「あれは食べたらダメ、これも食べたらダメ」と、何かと制限のある食生活を送らなければならないのだというイメージを抱く人もいますが、そうではありません。

食べ過ぎないように適量にすることや、バランスよく食べるといった工夫は必要ですが、あれもダメこれもダメということはないのでその点は安心してください。
そして、糖尿病の食事は健康で長生きできるための食事でもあるので、特別な食事ではありません。

糖尿病で教育入院している患者さんの中には、「病院の食事は量が少なすぎてお腹が空く」とか「野菜が多くて肉が少ない。もっとガッツリと肉をいっぱい食べさせてくれ」などと言う方もいます。
しかし、病院の食事が量が少ないのではなく、今までのあなたの食事が量が多すぎるのです。
また、ガッツリと肉をいっぱい食べ続けていたことが、糖尿病になった一因かもしれません。

糖尿病の食事はバランスの摂れた健康的な食事なので、一生続けてください。
最初のうちは「少ない」と感じるかもしれませんが、慣れてくれば丁度良い量になります。

治らないと聞くと落胆するかもしれませんが、上手にコントロールすれば治ったも同然です。
ただし、良くなっても通院は続けてください。主治医に顔を見せに行く、主治医の顔を見に行くなどと思って通院すると良いでしょう。
医者に友達がいるということはとても心強いことなので、良くなったからと言って通院をサボらないようにしましょう。