糖尿病は自分には関係ないとか思ってませんか?いまや日本人の糖尿病患者は増えています。原因を知っておけば意識的に予防することもできますよね。検査方法や治療法についても紹介します。生活習慣も乱れ、高血圧気味のあなたこそ知っておくべき情報です。

糖尿病患者は高血圧も併発していることが多い

糖尿病は血糖値のコントロールが乱れてしまう病気で、血糖値が正常範囲内にないことで様々な弊害が出ます。
糖尿病を発症する時には生活内容が大きく関係していると言われています。
元々もって生まれた体質が糖尿病になりやすいという人が、乱れた生活を続けていると発症しやすいといことがわかっています。

そのため糖尿病を発症している人には共通していることがあり、高カロリーの食生活を摂り続けていることや、運動不足の生活が続いていることなどがあげられます。
こういった生活は糖尿病だけでなく、他の病気にもなりやすい状態になっており、糖尿病以外の病気も併発していることがよくあります。

そういった病気の中には高血圧も含まれており、糖尿病と高血圧を併発している人の数が非常に多く、原因となっている生活内容を改善しない限り糖尿病も高血圧も徐々に悪化していくという傾向があります。
これらの病気になっている人は動脈硬化を起こしている人が多く、血液中の脂肪分が多いため血管の壁に脂肪分がこびりつき、血管を狭くしてしまい、血管が拡張しにくい状態に陥ってしまいます。
血管の正常な機能が保たれなくなっています。

動脈硬化は様々な病気の原因となりますが、そのひとつが高血圧で、血管が広がりにくくかたくなっているために、血液が送り出される時に血管の壁に強い圧がかかって、血圧が高い状態になってしまいます。
高カロリーの食生活と運動不足を続けていることは動脈硬化を促進させてしまい、高血圧の症状の促進につながってしまいます。

また高カロリーの食生活を摂り続けていることで、そのたびにインスリンが大量に分泌されて体がインスリンに反応しにくくなり、インスリン抵抗性になってしまい、インスリンが分泌されていても体が反応しにくくなります。
インスリン抵抗性の糖尿病を起こす人は食生活に問題がある人がほとんどです。
こういった病気を改善させるためには食生活の改善が必要不可欠でしょう。

糖尿病になると腎臓病を発症するリスクが大きい

糖尿病は発症しても軽度のうちには症状があらわれにくくサイレントキラーと呼ばれています。
これは体に異常が起こっているのに、症状が起こりにくいことで、病状が悪化しやすく、気付いた時には手遅れになっている場合があります。
そのためサイレントキラーと呼ばれるようになりました。

糖尿病の恐ろしいところは、血糖値が高いだけではそこまで大変なことはありませんが、合併症を起こす可能性が高いというところです。
糖尿病が元になり起こる合併症の中には腎臓病があり、生きていくために大切な機能を果たす臓器なので、機能しなくなると命の危険があります。

腎臓病になると、機能をなるべく残すために、負担を減らす必要があり、塩分や水分の制限が必要になってきます。
腎臓は尿を生成する臓器ですが、血液をろ過して尿を作ります。その際に血液中の塩分濃度が濃いと負担を増やしてしまいます。

また水分をたくさん摂るとその分多くの血液をろ過しなくてはならず、負担が大きくなります。
そういった負担をなるべく減らしていても、一度機能が悪くなると、そこから腎臓の働きを正常に戻すことは難しく、徐々に腎臓の機能が悪くなってしまうと、最終的には透析が必要になります。

透析というのは、腎臓の役割を他の機器で行ってもらうことで、一度透析が必要になると一生続けなくてはいけないという深刻なものです。
透析を行わないと腎臓の機能を維持することができず生きていくことができなくなるので、そうなる前に予防をすることが大切です。
糖尿病は自分で生活内容に気を付けていくことで予防することができる病気なので、糖尿病になりやすいような生活をしている人は生活内容を改善させていきましょう。